PROFILE

癒しと意識を高めるための音楽 Healing Pops
-ヒーリングポップス- をつくるアーティスト。高揚系サウンドと低音ウィスパーボイスでお届けする音楽。

  • 島根県出身、東京都在住。旧暦・神有月生まれ。
    作詞/作曲/編曲/DTM/MIX/
    HPやデザインなど、各種アーティストとコラボしながら、楽曲制作の全行程を行っている。パワーストーンブレスレットなどのヒーリンググッズや癒し言葉の発信、主宰の音楽教室レッスンやエコ活動にて、人の傷ついたを癒し、言葉と音楽で、’地球や心を整えること’へ力を注いでいる。
  • 1度はデザインの道を志すが、“自分が本当の意味でゼロになった時に支えてくれたのは音楽”と気づき、音楽に生涯を捧げる事を決意。再び音楽の道へ。ライブ活動と平行しレーベルスタッフなど裏方の経験を積む。
    作詞作曲活動と共にアーティスト活動開始。いつの間にか身近な存在となっていた民族楽器を取り入れたで作詞作曲を始める。都内&地方でのストリートライブやワンマンライブの収益を中越地震へ義援金として送るなど、音楽での社会貢献を意識しはじめる。
  • 2005年
    AtoNOレコードよりファーストmaxiシングル全国発売。bay FM、世田谷エフエム、コミュニティFM等ラジオ出演、山陰中央新報、情報誌掲載。自らの足でセルフ・プロモーションを学ぶ。松江水郷祭にビリケンらと出演(同時公開ラジオ録音)。同時期に、野外ライブイベント『夏の虫の音~Natsunomushinone~』を立ち上げ主宰&出演。以降、4年間連続夏フェス開催。
  • 2006年
    ネットラジオを1年間、毎月配信。音楽専門誌『プレザンテ』レーベル合同オーディション優秀賞、1P全面掲載。また『NET ALIVE』読者人気投票1位にてネットラジオで1ヶ月紹介。2年目となる、夏の野外イベントでは、のべ400名以上の動員を果たす。同夏、v-airFM・開局20周年記念野外イベントゲスト出演。同ステージにエイジアエンジニア、デパペペ、木村弓らが出演。また、ケータイ小説『浸透記憶』の主題歌を担当。
  • 2007年
    ソロライブ、松江市教育委員会主催で講演会の依頼を受け、3時間のトークライブを精力的に行う。山陰中央新報など新聞メディア掲載。順調に活動を進める中、甲状腺の為の療養が必要となり、コンサート&LIVE活動を全て休止を決断する。その中で心や身体、ヒーリングへの意識が高まる。
  • 2008年
    リハビリをかね、ゲスト出演を再開。ヨーロッパから帰国した友人サックスプレイヤーのリサイタルの為、杉田劇場と磯子コンサートホールなど600人規模のホールへ出演。
    2009年
    DAW環境を整え、自宅制作室を持ち、アレンジ、ミックス、レコーディングを開始。ケーブルテレビのパーソナリティを務め、一年間音楽コーナー担当。同時期より自ら主宰するヒーリング系音楽教室を設立。
  • 2010年
    自らの壮大系サウンドに必要不可欠な”民族音楽”を学ぶ為、アフリカの偉大なシンガーNYAMA KANTE &JELIDONのメンバーに加わり、鍵盤「を担当。外務省主宰AFRICAN FESTA 2010横浜へ出演。同ステージに、アグネス・チャン、ゾマホン、白井貴子、仏のビクターデメ等。大阪・民族学博物館のイベント『音の力』に出演。自主レーベル『FANTASIA RECORDs』を立ち上げて配信中心で音楽活動を再出発。『LOVE OF HEAVEN』-EPを配信リリース。
  • 2011年
    主宰していた夏フェスが高じ、島根県PRの遣島使に就任。3.11の大震災を経て、生きるをテーマにかいた楽曲【BE ALIVE】発売。様々な自然災害を引き起こす地球環境問題と真剣に向き合うため、WWFにかけあい、音楽収益を寄付する活動を開始。『サトウのごはん』CMにて声出演。
  • 2012年
    REMIX曲【君を忘れてしまうほど -ethno-】など各種デジタル配信リリースに力を注ぐ中、日本プロバスケットチーム•スサノオマジックの名誉ブースターに就任。RINGTONEを配信し、美音のアラーム制作に力を注ぐ。
    2013年
    音楽仲間でもある大切な人との別れを経験し、死生観と向き合う為、一年間の休業。人の心を癒すという意識をより深め、ソーシャルメディアでの発信に費やす。
  • 2014年
    3年ぶりとなる新譜【floationg flowers】、【Tohu-Bohu】をデジタル配信リリース。ニューエイジ系ボーカルグループ『SHION』結成。
    2015年
    現在はステージ復帰へ向けて準備中。6年目となる音楽教室はトレーナーを増やし、都内三ヶ所で展開中。
    作詞、作曲、ヴォーカルだけにとどまらず、編曲、ミックス、HPやジャケット、パワーストーン作品のアートワークなど、独自のスタイルを音楽と言葉で癒し、国内外を問わず作品を届けている。